会社の成長に大切な経営者の「心技体」。この3つのバランスを整えよう!

コラム

経営者としての成長を何で確認するか?社員は「人事評価」があって、いやでも「他己評価」がありますが、社長を「人事評価」してくれる人はいないので「自己内観」するしかありません。

多くは「会社の業績」を経営者としての評価としていると思いますが、それは「評価」ではなく「成果」ですよね?

「心技体」、文字通り「心」と「技」と「体」。30年以上にわたって数百人の中小企業経営者と仕事をしてきて辿り着いた一つの共通点。経営者の心技体について書き留めておこうと思います。

まずは「成長」の定義

「心技体」の前に「成長」の定義について紹介しましょう。

このサイトの他の記事にもたびたび出てくる「成長の定義」。当社において「成長」とは「さらに役立つ存在として進化すること」と定義付けしています。

極端な話「顧客を騙してどんどん売上、利益を拡大して大きくなっている企業」は、役に立つどころか、迷惑な存在なので「成長」ではありません。社員に辛い目をさせて、その犠牲の上に拡大している企業も、社員やその家族の役にたっていないので「成長」ではなく「膨張」です。

この記事でご紹介する「心技体」は、「さらに役立つ存在として進化している企業の経営者」の共通点として私が気付いたことを整理したものです。

心×技×体

心と技と体、これらは「×(かける)」で結ばれていると考えられます。これらの一つでも「ゼロ」になると全部がゼロになってしまう、という意味です。

スポーツで「フィジカルもスキルも高い選手であっても、心が弱く、本番やピンチで力を発揮できず敗者となってしまう」というシーンをよく見かけます。

あるいは「根性は立派なものをもっているが、スキルやフィジカルがイマイチでなかなか勝てない」というシーンも同様です。

この心技体、成果を得るためには、それぞれの要素において一定以上のレベルが必要であり、加えて、そのバランスを常にベストにキープすることが重要である、ということはスポーツに限らず経営にも当てはまります。

では、経営者にとっての「心×技×体」とは何でしょうか?

「心」

」は「世のため、人のため、という基本的な考え方」です。成長企業の経営者の多くは「世のため、人のため」という考え方や価値観を「建前」ではなく「本音」で持っています。

相手の幸福が自分の幸福と感じる「心」を持っていることが多いのです。社外的には、顧客や取引先のために、社内的には、社員のために、という「心」を基準にして意思決定を続けています。

反対に「自分さえよければよい」という「考え方」が強い経営者は、瞬間風速的な成果を得たとしても、中長期にわたって継続的に成果を得ることは多くありません。なぜなら、そのような考え方であってはマーケットはもちろん、社員からも遠ざけられるからです。つまり、社内外を問わず「人がついてこない」のです。

「技」

」は会社を経営していくための「実務的なスキル」である。

上記のような「世のため、人のため」という「心」を持っていても、それを実現する「技」がなければ、それは単なる理想で終わってしまいます。商品やサービスが、世のためになり、自分自身も含めた社員たちが幸福を感じる企業経営を実現するための「技」が必要なのは言うまでもありません。

少々極端な例でご紹介しましょう。

いわゆる「オレオレ詐欺」。その手口は、まさに「手を変え、品を変え」、その被害は収まることがなさそうです。おそらく、この詐欺グループにもリーダー的な経営者が存在していると思われますが、彼らは、報道では「被害額」と表現されている「成果」を得ていることから、残念なことではありますが、彼らの「技」は、相当に高いと推察できます。しかし、その「心」は説明するのも憚られるくらい迷惑なものに間違いありません。したがって、社会から排除しようという「善の圧力」と戦い続けているのです。

「技」があっても「心」が間違っていると、社会は受け入れてくれない、という「極端な例」です。「技」だけではダメなのです。

「体」

これは、いうまでもないですね。健康であることは、経営者にとっては「重要スキル」です。会社経営に大きな影響がある自己の健康管理のスキルが高いことは必須ですよね。社長が体調不良で冴えない顔をして出勤したり、休み勝ちであったり、それでは人心掌握できないですよね。

この健康管理の方法をお伝えすることはこの記事の目的ではないので、その具体的な方法は他の多くの専門書等に譲りますが、自身の健康を疎かにしないようにしましょう。

心技体のバランス

少し視点を変えて、若い経営者と高齢経営者の比較で考えてみましょう。

一般的に若い経営者の「心技体」。まだ、会社経営の経験が浅く、つまり「技」が発展途上である若い経営者。しかし、若いので「体」は申し分なくフレッシュであり「技」が足りない分、体力勝負ができる年代と考えることができます。

一方で、高齢経営者は、そのような無理ができなくなっています。しかし、長年の経験による「高度な技」を持っています。

この二人の経営者の「心技体」は、各要素は違っていても総合点でバランスが取れているのです。ということは、多くの人は、年齢を重ねるごとに「体」ポイントは下がってくるので、それをカバーするように「技」や「心」を高めていかないと「総合点」で低下することになるのです。 

まとめ:定期的に心技体のバランスを見直そう、特に「心」。

このような「心技体」に気付いたのは、経営者の年齢と共に「成長率」がアップしていく企業と、そうでない企業を比較したときです。40歳を超えたころから「空回り」している経営者と接したときに「若い時と同じ働き方をしている」と仮説を立てながら検証してみました。すると「技」や「心」が伸びていないので意思決定の無駄が多く、それを体力でカバーしきれず、悪循環していたのです。他の経営者も共通しているだろうか?と観察していると同様でした。

経営者に限ったことではありませんが、心技体の成長を自己内観して、そのバランスをチェックする時間を定期的にスケジューリングすることは非常に効果的です。特に「心」。若い時には響かなかった倫理や哲学が非常に参考になったりします。是非、試してみてください。

お役に立てますように!

週刊「想い通り経営」

コラム

Posted by marcas_online