2020年8月8日の本オープンに先駆けて、1月8日プレオープン!

この度、若手経営者のための経営課題解決ブログとして「マーカス・オンライン!」をオープンすることになりました。テーマは「想い通り経営のサポート」。

大切な「想い」を持って創業し、経営している若手経営者の中で本当に「想い通り」に経営している人は少数派です。多くの経営者は、何らかの悩みや不安を抱えながら日々奮闘しています。それによって「孤独」を感じていることも少なくありません。

かつての私もそうでした。税理士とはいえ、独立したら経営者です。顧客の拡大、人材の採用・育成・待遇、そして資金繰りなど、他の業種と同様、悩み不安を感じるテーマは同じです。まさに「孤軍奮闘」「試行錯誤」の毎日でした。

自分自身がそうなのにクライアントの経営者の皆さんからは、税理士というだけで、まるで経営の専門家のように「誤解」され、毎日が「抜き打ちテスト」のように経営に関するご相談を受ける日々・・・。

でも、ここで大きな重要な気付きがありました。

「自分も含めて、みんな同じことで悩み、不安を感じている!ということは・・・自分が実験台となって、様々な解決策を試し、もし上手く行けばその方法を他の経営者に紹介すればええんや!」

今、多くの会社で採用してもらっている「業績連動型給与賞与」の仕組みは、その典型例です。元々、自社の給与や賞与について、大いに悩み、あの手この手を試し、辿り着いたのが現在の「MPSP」です。「試作品」を実験し、社員の様々な反応を見ながらバージョンアップし、現在の形に仕上げ、「上手く機能している」と手応えを感じたら、他の経営者に・・・「こうすれば、上手くいきましたよ!」「じゃあ、うちも手伝ってよ!」。
こんな感じです。(* MPSP = Marcas Profit Sharing Program)

私が創業したのが1999年8月。昨年、お陰様で20周年を迎えました。この間、自社の経営や、お客様の経営を通じて得た様々な「実験結果」を整理し、体系化して発信していく媒体として「マーカス・オンライン!」を開設することにしたのです。

ここから発信するコンテンツは「経営者なら必ず通る道」であり、すでに経験した経営者からすれば「当たり前やん!」ということばかりかもしれません。少々荒っぽい例えですが、経営って「手品」みたいなところがあって「種明かし」すれば、すごく簡単なことなのに、その「種」が分からない間は、なぜ、そんなことが起きるのか?その不思議な現象に「悩み続ける」ことになるのです。そんな「経営者なら誰でも通る道」の「道案内」として、マーカス・オンライン!をご利用いただければ幸いです。 

なお、現在はプレオープンにつき、ページ数は限定的ですが、今後、本オープン予定の2020年8月8日に向けて内容を充実させていきますので、本オープンまで、もうしばらくお待ちください。

「想い通りに経営している!」という実感を得ることが出来る日まで、利用してもらえれば、と思います。

2020年1月8日
株式会社マーカス・マネジメント
代表取締役 堀井弘三

Posted by marcas_online